動体視力でムーブメントを選ぶ年が加わるかもしれないです。

人間時分の視線のキャパシティーのグループとして、動体視力があることはよく知られています。しかし、こういう動体視力には2つの種類があることは意外に知られていません。
動体視力の2つの種類とはグループはDVA動体視力、もうグループはKVA動体視力と言われるものだ。
DVA動体視力はお隣にはたらく物質を見分ける動体視力を表わし、KVA動体視力は遠くから近くに向かって生じる物質を見分ける動体視力を示しています。
そして、こういう2つのキャパシティーのどちらが優れているかで、自分に適する行動が分かるとも言われています。
例えば、サッカーやバスケットボールやラグビーはボールや人間時分がお隣に動くことが多い行動だ。したがって、DVA動体視力が優れている人間の方が適している行動と言えます。はじめ方、野球のようにボールが程に働く行動や、フェンシングのように人間時分の程の流れが基本となるスポーツをする場合は、KVA動体視力が優れている人間の方がオトクとなることが想定されるのです。
まだまだ動体視力を量ることは一般化されておらず、自分の動体視力を知ることは難しい状況です。
しかし、将来的に動体視力も測れるようになれば、自分に当てはまる行動を見出せるようになるかもしれません。
視線で行動を量る現代がネクストジェネレーション現れるのかもしれません。
デリーモで自宅で脱毛!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です